FC2ブログ
金利と時間は世界を動かす!債権・金利をメインとしたマーケットニュースをヘッジファンド・キング「D]のナイトでもある当方が掲載、たまに解説する。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
米株式市場は総じてまちまちの動き
<米株式市場>
NY原油の下落を受けて石油関連が軟調な一方、前日急落した金融関連が反発するなど、総じてまちまちの動きとなりました。景気対策には住宅購入への税金控除も盛り込まれているものの、建築関連の上昇は一時的でした。S&P500 3月限は820台を上下まちまちに推移し、引けにかけては830台と小幅上昇。NYダウは7939.53ドル、50.65ドル高です。
 

<米為替市場>
前日に引続きガイトナー米財務長官の具体性に欠けた経済回復策などより、ドル、円は総じて堅調ながらも、総じて小動きとなりました。ユーロ/ドルは1.28前半、ポンド/ドルは1.43後半とドル買い優勢。ドル/円は90円前半とまちまちです。市場では景気回復策の詳細が待たれています。
スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:0 |
<<NYダウは一時200以上の下落 | マーケットKNIGHT | NYダウは一時400ポイントもの下落>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| マーケットKNIGHT |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。