FC2ブログ
金利と時間は世界を動かす!債権・金利をメインとしたマーケットニュースをヘッジファンド・キング「D]のナイトでもある当方が掲載、たまに解説する。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
S&P 3月限は900の大台を一時割り込みながらも、レンジ内の動き
<米株式市場>
前日の急伸に対する調整売りが見られ、総じて軟調な動きとなるも、下値も限られました。今後の景気後退に対する不透明感はあり、回復には長い期間を要するとの見方が上値を重くしているようです。S&P 3月限は900の大台を一時割り込みながらも、レンジ内の動きとなりました。ダウ工業株30種平均は前日終値比99.80ドル安の8824.34ドルです。


<米為替市場>
前日のFOMCでの政策金利の大幅引下げより、ドルは円、欧州通貨に対して買い優勢の展開となりました。ドル円は87台に突入、ユーロドルは1.44台まで急伸。ドル円は1995年7月の最安値をうかがう動きとなり、ユーロドルは1.50を目指すとの見方が広がっています。
スポンサーサイト
別窓 | 雑感 | コメント:0 |
<<S&P500 3月限は引続きレンジ内の動きながらも、880を一時割り込む | マーケットKNIGHT | S&P500 12月限は近日のレンジ内を推移>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| マーケットKNIGHT |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。