FC2ブログ
金利と時間は世界を動かす!債権・金利をメインとしたマーケットニュースをヘッジファンド・キング「D]のナイトでもある当方が掲載、たまに解説する。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
S&P500 12月限はサポートを次々と割込み、1000大台まで急落
<米株式市場>
欧州での銀行救済のニュースが相次ぎ、世界景気後退の見通しが広がる中、米景気についても後退は避けられないとの見方が広がり、NYダウは一時800ポイント近い下落となるも、引けにかけては下げ幅を幾分縮めました。S&P500 12月限はサポートを次々と割込み、1000大台まで急落するも、引けにかけては1050台まで戻しました。NYダウは9955・50ドル、前週末終値比369・88ドル安です。


<米為替市場>
欧州での金融不安拡大により、ユーロは対円で1日では過去最大の下げ幅を記録するなど、ドル高、円高が目立ちました。ユーロ/ドルは1.3520、ユーロ/円は137.25、またドル円は101.65付近を推移。金融不安によるドル流動性の需要が急増しており、ドル高の背景となっており、当面は引続き激しい動きとなりそうです。
スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:0 |
<<無担保コール翌日物は、外銀勢で0.5%後半、地銀勢で0.50─0.5%前半、大手邦銀で0.48─0.50%付近の取引 | マーケットKNIGHT | 日経平均株価は2004年2月以来の安値で取引を終える>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| マーケットKNIGHT |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。